ちらうら!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

管理者用記事編集 祝3周年!激盛らーめんゴリラ屋!
2016/03/10 20:51


このブログの草創期からお世話になっていた石塚店主
一乗寺を離れ故郷に錦を飾ってから早3年
もう3年?まだ3年しか経ってない?私も公私いろいろと環境の変化もあり最近はブログの更新からも遠ざかってたのですが
名称未設定
おっこの日仕事休みやん♪
思えば開業日は不義理なことに駆けつけることが出来なかったので行きましょう
と言う事でクルマを予約し日の出前から出発進行!したのですが早く来すぎるのもなぁと開店30分前に到着・・・
むむっ!今や遅しと待ちわびる人、人、人・・・
駐車場を探し店に戻った時にはなんと50人待ち
DSC_0032.jpgいやぁ3年間でこの地にしっかり名をとどろかせているようで何よりです

えーとワンロット6名で15分として(正確にはゴリラ屋はロット制ではないですが)
だいたい2時間あまりの待ちですかぁ
熱気渦巻く店内で大ラーメン(400g・800円)とこの日限定の塩バター(100円)の食券を購入
席につくと忙しいなか店主と少しですが会話、長い待ちで少しささくれだった気も和やかに落ち着きます
そして待ちに待った塩バター
DSC_0033.jpgコールはヘタレてニンニクスコシヤサイスコシです
DSC_0034.jpgDSC_0035.jpg
うおっ!こんなに麺太かったっけ!?
もとからそうだったのか今日に合わせたのか、体感では私の二郎系の麺では最大級の太さ
激盛り(500g)にしてたら死んでたわ

旨味のたった丸い感じの塩スープはごむごむっとした弾力の麺から出る甘みを存分に引き立ててこりゃ美味い。バターも多分にこの味に重層的な味を重ねてるんでしょう
今バターって品薄なんですよね、よくぞここまでかき集めたなぁと
もちろん豚もほろホロリ箸で掴むだけで崩れる柔らかさ、いやぁ隙が無い出来栄えです

二郎系のスープはキケン!飲み干すと寿命が縮まる
そう思い普段は身体が完飲を拒むのですがこの日はゴクゴクと
DSC_0036.jpg 
私の二郎系人生で数えるほどの完飲完食キメました


店主とゆっくりお話もしたかったですがとにかく今日はおめでとうございます
美味い一杯ありがとうございます

激盛らーめんゴリラ屋
福井県福井市文京4-2-3
http://twitter.com/hakosukaaa

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

 
ラーメン ブログランキングへ 





楽天市場

・激盛らーめんゴリラ屋・福井

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 ヤサイヌキナマタマゴ!
2015/12/10 11:47


最近のラ活なのですがヤサイヌキナマタマゴコールにハマっております
見た目のインパクトはヤサイマシマシに劣るのですがこの食べ方は麺の食感と小麦の味をダイレクトに感じられなかなか美味いのです
ヤサイヌキコール自体は関東のジロリアン、ニカタツさんオススメの食べ方
ナマタマゴ複数個喰いは康太さんオマージュですね
15110002.jpgってことで一番のオススメは下新庄でしか食べれないつけ麺で
15110003.jpg15110004.jpg
15110005.jpg
タマゴだけを絡めてアブラを絡めてもちろんつけ汁も
何通りもの味を一杯のつけ麺で楽しめます

機会があれば是非お試しを


楽天市場



チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃84件目!
2015/07/05 13:15


血糖値に不安をもつ者にとって炭水化物は毒同然、ましてやラーメンなんて
と思う昨今なのですが、店主のVer.チェンジの呟きを見るとチェックしたくなるのは道理です
この日は池田屋にやってまいりました
DSC_0010.jpg
木曜日のお昼と言う事で臨休だったらまあそれはそれでいいやと軽い気持ちでやってきたのですが絶賛営業中
今日の厨房担当は助手さんですね
中ラーメン(400g・780円)コールはニンニク
DSC_0002_20150705130655e2a.jpg このくらいの盛りが今の私にはちょうどいい位、それではいただきましょうロットグラビティ!
DSC_0004.jpg
DSC_0005.jpg
DSC_0006.jpg  
むむっ明らかに店主の言う通り麺は二郎系としては細めでしかもがっしり締まった感じです
しかし控えめになったのかなと予測していた醤油感は変わらずでその麺をしっかりカネシ色に染め上げます
DSC_0007.jpg
舌の先でほのかな甘み、奥のほうではガツンと醤油辛さとトウガラシの刺激
喉の入口で心地よいのどごし感、そして鼻で味わうニンニクと豚の風味
口腔、そして鼻腔の全ての感覚器が美味いっ!と声を上げるそんな一杯をいただけました
DSC_0009.jpg
このような当たりの一杯も以前のフライパン豚のようにいただけるのは現在この瞬間だけ
まさに一期一会なのか
そんな事を思うと震えが止まらなくなります
店主の開発するラーメンは我々を飽きさせるどころか更なるカネシラビリンスの深みへと誘うようですね


池田屋京都一乗寺店 
京都市左京区高野玉岡町33-9 
最寄り駅 叡山電車一乗寺駅 
http://twitter.com/ikedayakyoto

 
にほんブログ村 

 
ラーメン ブログランキングへ


楽天市場



チェック このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク


ページ最上部へ