池田屋京都一乗寺店!襲撃76件目!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃76件目!
2014/10/11 22:03


爽やかな風が季節の移ろいを感じる10月上旬
教習やらなんやらで忙しかったのですがエアポケットのようにこの日は何の予定も無く
やっこれはマシマシチャンスじゃないですかと言う事で一乗寺にやって来ました
おなじみ池田屋襲撃ですが少し間隔が空きましたね
季節に応じて提供されるラーメンの仕様を変えられるこちらのお店
どのような一杯がいただけるのでしょう
DSC_4094.jpg 
豚肥ゆる秋と言う事で大ラーメン(500g・830円)の食券を購入コールはニンニクアリのみで

DSC_4088.jpg
ああ今日も美味そうだ
DSC_4090.jpg
まず一口麺からすすると口当たりが非常になめらか
つるつるっという感じに喉を通ります
弾力は感じるもののいつものもそっとオーション成分が口に溶け出すタイプではなく
ぷちっと歯切れよい食感ですね
DSC_4089.jpg
ちらほらと噂で聞いてはいたのですが豚も煮豚とソテーされたものの二段使いになっているようで
赤身が煮豚、脂身がソテーかな?ここら辺の使い分けはさすが社長

そして豚の旨味がぎゅーっと濃縮されたスープは濃厚で少し甘みが強い仕様です
麺の甘さは控えめですがこちらで調整されているようで
DSC_4091.jpg
見た目はジャンクですがこのスープを飲むと心が和みます
DSC_4093.jpg 
期待に違わずそしてそれを超える美味い一杯ありがとうございます

池田屋京都一乗寺店 
京都市左京区高野玉岡町33-9 
最寄り駅 叡山電車一乗寺駅 
営業時間 11:30~14:00 18:00~24:00 
定休日 木曜日 
http://twitter.com/ikedayakyoto

 
にほんブログ村 

 
ラーメン ブログランキングへ 

そして次回襲撃は忍者を引き連れて参りますよ
関連記事

楽天市場

・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺・500g

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加
先日発見して以来ずっと見ています。
二郎系ラーメンには週末が中心になってしまいいけない週も度々なので楽しみに拝見してます。
厚かましいお願いなのですが、記事にはしていない訪問も多々あると書いておいでだったかと思うのですがその分も写真だけでもアップを検討していただけたら非常に嬉しいのです。
二郎のブログは数あれどラーメン荘のファンブログはなかなかないですから。
長々とすいません。これからも楽しみにしています!
[ 2014/10/19 22:50 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます
ここのところ忙しくてブログの更新とラーメン店訪問が疎かになっていて恐縮です
訪問して記事に出来ない時は仕事中の訪問だったり食べた後帰宅していざ書くとなると印象がそれほど残ってなくて上手く文章に出来なかったりと言う時がありますね
そういう時はTwitterを活用して寸評と画像一枚って言う時もあります
ブロガーさんの中にはそれも一記事としてブログにアップされている方もいらっしゃいますし表現の手法はさまざまですね
ここ最近はあまり上手く書けてませんが二郎系ラーメン店特有の店内の人間模様の表現を理想に私は書いてます
Twitter上では関西二郎系ラーメンにハマっている方々も数多くいらっしゃいますがブログまで書かれる方は少ないですねー
私もまだ未熟ですが涼しくなりましたし忙しいのも一段落しますので書くペースは上げたいと思います
[ 2014/10/19 23:14 ] [ 編集 ]
はじめまして。
一乗寺は近いので、よく出没しています。「夢を語れ」さんも「池田屋」さんも行くんですが、
圧倒的に池田屋さんにいく回数が多いです。
それにしても大ですか!?めったに大を注文される方に会わないのですごいです。
最近中すら食べれず、めっきり小になってます…。
[ 2014/10/31 10:09 ] [ 編集 ]
Re:
コメントありがとうございます
私も夏場は400g止まりだったのですが、やはり食欲の秋こちらの麺を思う存分食べたくて500にしました。夢を語れも最近美味しくなったと噂を聞いていますし行ってみたいですね
[ 2014/10/31 12:34 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
お疲れ様です。 やっとTwitter登録できました。 平仮名で「しーくー」です。
[ 2014/11/03 00:00 ] [ 編集 ]
Re: お久しぶりです。
フォローさせていただきました
[ 2014/11/03 00:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿









トラックバック
この記事のトラックバックURL



スポンサード リンク


ページ最上部へ