ラーメン荘歴史を刻め!41ロット目!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

管理者用記事編集 ラーメン荘歴史を刻め!41ロット目!
2014/05/25 20:33


そう♪あ~の夏の(チャッチャッ)バ~イクを(yeah!yeah!)
と口ずさみながら本日も下新庄へラーメン荘歴史を刻めにお邪魔します
DSC_3663.jpg 
前回予告した通り本日は久しぶりの汁なし
ラーメン荘のデフォの汁なしは去年の11月の寺田町以来
下新庄でとなると2012年の10月までさかのぼらないといけないようで
DSC_3657.jpg 
昼の部ファイナル近くの来店で豚ラーメン(900円)の食券を購入
緑の洗濯ばさみを挟んで助手さんに500gコールして麺マシ券を入手します
しかしこんな時間でも満席なんですね
待ちの間スタッフさんの会話を聞いているとつけ麺はすでに材料切れ
人気のアブラマシも頼む人が増えたのでしょう
後の方には制限がかけられていました

私はギリ間に合ったようで本日のコールは全マシトウガラシサッパリダレ
DSC_3664.jpgDSC_3665.jpg
おおっこの見た目のジャンク感、これこそラーメン荘の汁なしです
DSC_3666.jpg
麺を口に持ってくるとふんわりと独特のかんすいの香り
これが苦手だという方もいらっしゃいますがこの香りこそラーメン荘の麺
そう私は思ってるのですが賛同してくれる方はいらっしゃるでしょうか
DSC_3667.jpg
下新庄では珍しくこの日は柔らかめでもちもちした食感でした
そして天地返しでアブラ投入
DSC_3668.jpg
つけ麺ではハマった食べ方ですが熱が入るとまた違った印象になります

しかしこのジャンク感さすがに40越えるとしんどいですねぇ四分の三位食べて結構満腹
ふと見上げると「たこ300円」の札・・・
あ、この席ととにさんの麺上げの組み合わせは私にとっては撃沈フラグ
過去2回ほど苦しんだ思い出がよぎります
DSC_3669.jpg
そこへ救世主さっぱりダレ、お酢とトウガラシを合わせたらしいこの調味料ですが
汁なし独特のアブラギッシュさを抑えて爽やかな食味に変えてくれます
DSC_3670.jpg 
アブラ分はこれで克服するも物理的に胃袋がいっぱいいっぱいでなんとか完食
久しぶりの汁なしは苦戦しましたが新たな魅力を発見したのでまたいただこうと思います
ごちそうさまでした

ラーメン荘歴史を刻め
大阪市東淀川区下新庄5-1-59
阪急千里線下新庄駅下車
11:00~15:00 18:00~24:00
定休日 日曜
http://blog.livedoor.jp/yumedaichi/


にほんブログ村


ラーメン ブログランキングへ

関連記事

楽天市場

・関西二郎系・ラーメン荘・歴史を刻め・下新庄・汁なし・500g

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿









トラックバック
この記事のトラックバックURL



スポンサード リンク


ページ最上部へ