池田屋京都一乗寺店襲撃60件目!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

管理者用記事編集 スポンサーサイト
--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天市場



チェック このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店襲撃60件目!
2013/10/09 23:29


いよいよもって地球温暖化だなぁと感じるような蒸し暑い十月
今日も飽きずに池田屋襲撃
このブログを始めて1年10ヶ月になるのですが60回目ですか
我ながらよく食べてます


久々に券売機画像でも
特にメニューは変化ありませんがTwitter告知のPOPが貼られてます
http://twitter.com/ikedayakyoto

60回目なんだから威勢良く麺増しでも
と今は思うのですが、この時点では忘れてました
とは言っても大ラーメン(麺量500g・800円)の食券を購入

この日は店主と助手の2名体制
麺上げは助手君が頑張られて店主がサポート役をされています
助手君の作るラーメンは初めてだなぁ
先のロットの団体さんがヤサイマシマシのコールをされていて
なかなか攻撃的な盛りを見せてくれ頼もしく感じます
注文された方々も1ロット以内に完食
こちらもなかなか頼もしくお店が盛り上がってるなぁと感じました

私のコールはニンニクアリカラメ


普段はカラメコールをしないのですが
したほうが直系二郎に味が近くなるようです


いつもより醤油感アップ
麺をすすっただけでその香りが鼻を抜ける感じです


直系二郎はもう4年ほど前に相模大野でいただいて以来ご無沙汰なので
もう完全に味は忘れました(苦笑)
しかし昨年12月の店主交代直後の金沢仕様の濃ゆい感じを思い出しました
炙った豚等デフォの味も進化を続けてますが
こういう感じもありですね、カラメコールもぜひお試しを


また再び茶色い器を登場させるべく胃袋を鍛えて挑戦します

しかしこちらのラーメンは進化し続けてますが
私の表現力は上がりませんねぇ
他の方のブログを参考に文章力と撮影の技術を磨かないといけません

池田屋京都一乗寺店
京都市左京区高野玉岡町33-9
最寄り駅 叡山電車一乗寺駅
営業時間 11:30~14:00 18:00~24:00
定休日 木曜日
http://twitter.com/ikedayakyoto


にほんブログ村


ラーメン ブログランキングへ

関連記事

楽天市場

・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺・500g

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加
1. 初めまして
いつもブログ拝見させていただいてます。いつも麺の盛りがすごいですね!一度私も500gに挑戦したいと思います。
[ 2013/10/11 22:16 ] [ 編集 ]
2. Re:初めまして
>きょうほのさん
ありがとうございます
500gだと器が大きいので絵面的にはどうかなとは思いますが大きさが伝われば幸いです

私も二郎系の場数は踏んでるつもりですが500g以上の量を食べたのは去年の夏から
100gづつ刻んでいけば限界を上げていけるかと思います
かく言う私も本文にもありますが夏バテで縮んだ胃袋を拡張中で
近いうちに麺マシに挑戦したいと思います
[ 2013/10/11 22:39 ] [ 編集 ]
3. 初めまして。
ここの大は500との事ですが、少なくありませんか?
茹で上げ後の麺量なんでしょうかね。
一度、麺増しにご一緒させて貰いたいです(笑
[ 2013/10/12 00:42 ] [ 編集 ]
4. Re:初めまして。
>通りすがりの大食いさん
コメントありがとうございます
二郎系の重量基準は茹で上げ前と聞いています
器自体が大きいので画像上でのインパクトはないかもしれないですね
どう撮ればインパクトが出せるか試行錯誤中です
[ 2013/10/12 07:37 ] [ 編集 ]
5. 無題
豚って炙ってるんでしょうか。
こないだ見てたらフライパンでソテーしてるように見受けられました。
[ 2013/10/20 11:30 ] [ 編集 ]
6. Re:無題
>今粋好きさん
こんにちは
正しくはおっしゃるとおりフライパンでソテーですね
醤油ダレの焦げた感じの香ばしい香りがたまらないです
[ 2013/10/20 11:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿









トラックバック
この記事のトラックバックURL



スポンサード リンク


ページ最上部へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。