暴豚製麺所!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

管理者用記事編集 スポンサーサイト
--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天市場



チェック このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

管理者用記事編集 暴豚製麺所!
2013/04/03 18:30


関西随一の学生数を誇る近畿大学
その門前町には学生さん相手のガッツリご飯屋さんが多数並びます


若者に囲まれておっさん一人でブラブラとやってきました
今日は初めての訪問
暴豚製麺所(らんぼうぶたせいめんじょ)にお邪魔します


にんにく入れますか?
は魔法の合言葉 
JですねJ
( ̄ー ̄)

ちなみにこのお店の近所にも既に1軒別の二郎系があるので
2軒目ですか、こちらのお店の方がより大学の門に近いところにあります
同じ東大阪でもせめて小阪あたりにすればいいのにとも思いますが
あえて勝負を挑んだのでしょうか

ピークを過ぎた時間なので店内は私だけ

blog_import_528d711ac7ca3.jpg
量的には大(400g)でも全く問題ありませんが
別の意味で撃沈するのは嫌なのであえて並ラーメン(麺量300g・680円)
まぜそばも気になりますがそれは次回の課題にしましょう

一列のカウンター席の一つに着席しスタッフさんに食券を渡します
こちらのコールはその際なのでご近所のお店と同様ですね
じゃあ今日はニンニクアリ、以上です

お店は白とオレンジ基調で清潔感があります
カウンター席の後ろには長椅子もあるので
混雑時には店内で待つことが出来そうですね


カウンター上にはティッシュ、水、箸、レンゲ、ホワイトペッパーと
唐辛子が備え付けられています
関西の二郎系でこれだけ並んでいるお店は珍しいのですが
逆に言うと麺をすする時にスープが激しく飛び散るので
コップもカウンター上にあるので衛生的にどうなのかなとは思います
ティッシュの箱に油染みが点々とついているので気になる方は気になるかも

カウンター席の一番奥に厨房がありオペレーション風景は見づらいのですが
平ザルを使用しているのは確認できました


それでは私のラーメンが出来上がり

暴豚製麺所

暴豚製麺所

暴豚製麺所
豚増しはしていないのですがなかなか存在感のあるヤツですね
券売機の下に「豚塊」という文言がありましたが
言葉に偽りなし子供のゲンコツぐらいはありそうです

暴豚製麺所
それでは麺からいただきます
プリプリっとした食感はラーメン荘の麺に通ずるものがありますね
こちらのほうがよりウエイビーでスープの絡みがいいですね

スープの印象はライトかなと感じます
醤油感はすっきりしており豚の存在感もありますが
後引く感じはありません
麺なのかスープなのかヤサイ由来なのか私の馬鹿舌では判別できませんが
かすかな甘味もありました

今回はコールもおとなしめですし
味変のトウガラシも申し訳程度にしか入れなかったので
中毒性は薄いかなと思ったのですが
ニンニクマシマシでいただくとまた印象が変わるでしょう

甘辛い濃口のタレに太麺を入れましたって言う二郎風ラーメンではなく
しっかりとインスパイアされている二郎系だと思います
またいただきにうかがおうと思います

ごちそうさまでした

暴豚製麺所(らんぼうぶたせいめんじょ)近大前店
大阪府東大阪市小若江3-6-17

【追記】近大前店は撤退されたらしいです


にほんブログ村


ラーメン ブログランキングへ
関連記事

楽天市場

・関西二郎系・東大阪・閉店

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加
1. 先程は・・・・・
失礼しましたm(__)m

暴豚さん行ってきました。まぜそば・・・・
僕にとってはめちゃくちゃ食べやすかったです
全てがプレーンな状態と言うか・・・・・
煮豚も醤油系の味はありません。塩ゆで?
かな。食べ終えた瞬間に豚+にしとけば
よかったと思うほど食べやすかったです。
ジョンさんの言われる通り「甘み」がありますね
まぜそばなのに少し汁飲みました(笑)
麺も少しだけ細めかな??

ただし、並びにあるマッチョさん除くとお客さん半分は入ってましたが、暴豚さんはボクだけでした(笑)
色々と楽しみ増えます(#^.^#)
[ 2013/07/06 04:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿









トラックバック
この記事のトラックバックURL



スポンサード リンク


ページ最上部へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。