池田屋京都一乗寺店!襲撃32件目!汁なし!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

管理者用記事編集 スポンサーサイト
--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天市場



チェック このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃32件目!汁なし!
2012/12/04 00:00


前回からの続き


高安に寄り道した後は
もちろん池田屋にお邪魔します
ここから見る黄色い看板はいつもと違う角度で新鮮です

今日は一乗寺に来ることは確定として
バスの車中どこに行って何を食べるか
連食ならばどういう組み合わせで行くか考えた末に
ノープランで降り立ったのですが
このお店の脇を素通りして高安に行くことに凄く罪悪感を感じました
それくらい生活の一部に溶け込んでます

今日はさすがにお客さんはまばら
汁なし(麺量300g ・800円)の食券を買い空席に座ります

店長は非常にご機嫌モード
年末に腹筋を割る
その目標にむかってプロテインを飲まれているらしいのですが
非常に効果覿面でパワーがみなぎっているらしいです

そんなことを茹で時間にわいわいと話していたのですが
お隣の方が「残しちゃいました」と丼をカウンターに返します


店長「ヤサイマシでしたよね、残しはゲンキンなんですよ」
客 ごそごそと財布を探る
店長「いや、そうではなく厳禁なので食べきって下さい」
客 しぶしぶ丼を下げラーメンを眺める
客 スマホをいじりだす
店長「麺伸びちゃいますよ」
客 「電話しなくちゃいけないんで、一旦外に出ます」
客 荷物一式を持って外へ


・・・逃亡です

初めて見ました
これは重罪なギルティですよ
これを機会に店長のご機嫌が一変しちゃったんですから


初めて二郎系のお店に行く時は
デフォもしくは少なめで注文しましょう
面白がって「ヤサイマシ」なんて言う事は私でもしませんから

ちなみに逃亡者を追いかけて捕獲するお店もあるのでご注意を

そんな人間模様が繰り広げられるお店ですが
私のコールは少しビビリながらも全マシで


今日も見事な盛りですね
てっぺんがカルデラ湖のようになってます


安心安定のお味ですが
何故か今日は汁なしなのに汁マシマシです


スープを吸って麺は確かに膨らんでます


間髪おかずの連食なので
少しビビッていたのですが何のことは無い
11分54秒で完食です

いつかは私も限界値が来ると思うのですが
苦しくなっても闘う姿勢があればギルティは無いので
更なる盛りと3連食
挑戦してみたいですね

■満腹度 2店併せて
★★★☆☆

池田屋

京都市左京区高野玉岡町33-9

最寄り駅
叡山電車一乗寺駅
もしくは京都駅より京都バス大原行き乗車のうえ
高野玉岡町下車

営業時間 11:30~14:00 18:00~24:00
定休日 木曜日


http://ameblo.jp/ikedaya-kyoto/
http://twitter.com/hakosukaaa

 


関連記事

楽天市場

・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺・汁なし

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加
1. 無題
ぜひご一緒しましょう♪
食べますよ僕は^ ^
[ 2012/12/04 00:27 ] [ 編集 ]
2. Re:無題
>はっちゃんさん
3連食のツワモノですものね
すり鉢コラボが見れそうですね
[ 2012/12/04 06:26 ] [ 編集 ]
3. 無題
ホント胃に対してドSデスね\(//∇//)\

この豚野郎ッ( ̄^ ̄)
[ 2012/12/04 08:42 ] [ 編集 ]
4. 無題
>takuyurapapa さん
いやいやどMやからこんな事出来るんですよ
( ̄ー ̄)
[ 2012/12/04 08:50 ] [ 編集 ]
5. マシコールで残すにはあきませんな
いい大人が自分の胃袋容量も考えず、
注文したものを残すのは、
別に二郎系でなくてもアウトですね
注文したものは食べる、無理そうなら注文しない
池田屋さんの店主の方針は個人的に支持します
[ 2012/12/04 22:25 ] [ 編集 ]
6. Re:マシコールで残すにはあきませんな
>やすちさん

そうなんです
池田屋にはコールの仕方は一切書いてないので
何かしらの情報を見て来られたと思うのですが
デフォでも結構盛りますからね

スマホいじってるのを見たときは私もギルティって言いそうになりましたw
[ 2012/12/04 22:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿









トラックバック
この記事のトラックバックURL



スポンサード リンク


ページ最上部へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。