ちらうら!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

月別アーカイブ  [ 2015年02月 ] 

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃81件目!味噌っち!
2015/02/16 00:41


久しぶりに夜のラー活、脱兎のごとく会社を後にし深夜高速♪を歌いながら一乗寺へ乗り付けます
池田屋ファンにとっては社長からのバレンタインプレゼント
この週末は味噌っちが提供されていたのでした
DSC_4524.jpg
20時頃の到着、やはり夜の部は混んでるのですね外待ち発生中
食券を買って列につくのが本来なのですが久々すぎてローカルルール忘れちゃってたよ
慌てて中ラーメン(400g・780円)の食券を購入プラス50円で味噌っちに変更です

あまり待たずに店内へ、回転が早いなーと思ってたのですがテボざるの利点を駆使して茹で釜フル稼働で麺を茹でられているというのは社長談。なるほど、平ザルだとロットの概念が発生してタイムロスも出るのかもですがそういう捌き方もあるのですね
二人体制インターバル無しでのフル生産なのでいつもよりトーク少なめでのコールタイム
ショウガと生玉子入れますか??
DSC_4518.jpg
聞きなれないコールですがはいっヤサイマシでと返しました
20150215_205413.jpg
豚の存在感も凄いのですが今日の主役はこちら
DSC_4519.jpg味噌ですね
DSC_4521.jpg
思ったほどミソミソしてないかな?って言うのがファーストコンタクトの印象
生玉子が優しさを出してるのですかね
しかし食べ進めていくとこれはやはり手の込んだ一杯だなと感じます
DSC_4520.jpg
味噌だれの中には焦がしねぎやラー油も仕込まれているようでそこから発生する香ばしさや辛さ
そしてアクセント的にトッピングされたショウガのピリっと爽やかな風味も効いてくるのですね
DSC_4522.jpg
麺はあまりこちらのお店では感じたことの無いプリプリとした食感ですがわざとでしょうか
ほろっと口どけるいつもの麺とは違いますがこれはこのスープの美味さを殺さないように合わされているのかも知れません
だとしたら芸が細かいですね
DSC_4523.jpg 
最後はちびりちびりと名残を惜しんでスープを飲みつつも健康上の理由で今日も残飲完食
いやいや仕事終わりに来た甲斐がありました

生きていて良かった~♪って感じですね

ごちそうさまです

池田屋京都一乗寺店 

京都市左京区高野玉岡町33-9 
最寄り駅 叡山電車一乗寺駅 
営業時間 11:30~14:00 18:00~24:00 
定休日 基本木曜日ですが最近は無休のようです 
http://twitter.com/ikedayakyoto

 
にほんブログ村 

 
ラーメン ブログランキングへ
楽天市場

・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺・限定メニュー・味噌味

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク


ページ最上部へ