ちらうら!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

月別アーカイブ  [ 2013年05月 ] 

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店襲撃53件目!
2013/05/27 09:32


KJBスタンプラリーでいろんなお店を巡るなか
このお店を忘れてはいけません
ここ最近来れる機会に恵まれませんでしたが
なんといってもここのお店がマイホーム
久しぶりの池田屋襲撃です


お店の雰囲気がいつもより何か暖かく
遠目に見ると壁紙でも貼り変えたのかなと思いながら入店
何が変わったのだろうと見回すと
カウンター席を照らすスポットライトが増設されたみたいです
照明一つでかなり見た目が変わりますね
蛍光灯の地明かりだけだと殺伐とした印象でしたが
少し入りやすくなった感じです

店主とお客さんとのトークも弾んで温かみに華を添える感じです
私は北陸出身ではないですがこのお店に来ると
「故郷の訛り懐かし何とかかんとか」
と言う詩人の言葉を思い出します

さて今日買った食券は大豚ラーメン(麺量500g・1,000円)
コールはニンニクマシマシヤサイアブラです


今日も余すことなくいろんな角度から見ていきましょう

関東の二郎ブロガーさんの画像でよく見かけたのですが
落し蓋のような豚の上にはハンペン状のアブラがペロンと乗っています
私はこの光景を初めて見ます


マシマシに盛られたニンニクが存在感を誇ります
そしてヤサイと麺が豚で全く見えませんw
圧倒的なビジュアルですね

久しぶりの池田屋ラーメンなのでスープから
液体アブラが多めですがその層の下には
豚の旨味がこれでもかと凝縮された
醤油のカドが取れた乳化スープ
美味しさを文章で表現するのがブロガーの務めなのですが
どう書いてみれば伝わるものか
本日も揺るぎなく神のような美味さです


豚は赤身と脂身の2段使い
ホロホロとトロトロの2つの味が味わえます

何度食べても飽きるどころか進化で私を驚かせるこちらのラーメン
久しぶりの500gですが美味しくいただきました


ニンニクパワーで暑くなるこれからの季節も乗り切りましょう
今日もごちそうさまでした

池田屋京都一乗寺店
京都市左京区高野玉岡町33-9
最寄り駅
叡山電車一乗寺駅
もしくは京都駅より京都バス大原行き乗車のうえ
高野玉岡町下車
営業時間 11:30~14:00 18:00~24:00
定休日 木曜日



にほんブログ村


ラーメン ブログランキングへ

以前書いた汁なし(麺量300g・800円)の麺マシシステムですが
本日店主より詳しく説明を受けました
ラーメンと同様400gでプラス50円(850円)
500gは更に50円(900円)
それ以上は更に100円(1,000円)ということです



楽天市場

・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺・500g

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク


ページ最上部へ