ちらうら!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

管理者用記事編集 スポンサーサイト
--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天市場



チェック このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃36件目!
2013/01/01 19:56


この日はさかのぼって昨年の大晦日
冷たい風が吹く京都一乗寺界隈です
今年最後の二郎系はやはりというか池田屋を置いて他にはありません

年を締めくくる一杯
すり鉢か大豚ダブルか思いを巡らせながらやってきました

が、ここ最近一乗寺駅からこちらのお店にうかがうまでに
少し遠回りしながら行く癖がつきました
どこに行ってるのか?
それはまた次の機会に書くとして
あることを確認した私は
今日のオーダーを決めました


小豚ラーメン(麺量300g・900円)のボタンをポチリ
出来上がりを待ちます


既に年が変わり過去形になるのですが
大晦日の夜は年越し営業をされていたのですね
店主が変わった当初は大晦日の営業自体が危ぶまれていたのに
またまた予想の斜め上を行くサプライズ
マシマシなラーメンをススりながら新年を迎える
そんなうらやましい体験をされた方も多かったのでしょうかね

さて私のラーメンに話を戻してコールタイム
麺の量が300gなんだからとナメてかかり
ヤサイニンニクアブラマシマシ
なんていうコールをしてしまいました


はい、出てきた瞬間に反省しました
マシマシなんて言葉は軽々しく使ってはいけません

blog_import_528d6d8381914.jpg


豚がヤサイがスープがアブラが溢れんばかりに
器の中にひしめいています


今日は非ジロリアンの友人と来たので
彼のプチ(麺量180g・ノーコール)と比較します
プラス250円でこんなにも見た目が変わるもんなんですね


社長が打たれる麺は前店長と違いプリプリタイプです
ワシワシ感はありませんがスルスルと通るのどごし感はいいですね

そしてあの一枚豚が帰ってきました
豚マシ200円の価値は無限大
非常にボリューミーです
歯ごたえがしっかりしていて
噛むとじんわり豚の旨味が染み出す感じが嬉しいのです


ヤサイ山が何とか片付きスープも堪能
カラメコールはしていませんが
カネシと背脂そして豚から出た出汁が絶妙に混じりあってて美味いのです
この後の予定が無ければ初スープ完飲に挑戦したかも知れません

今年最後の一杯にもかかわらずごちそうさまの一枚を撮り忘れて
カウンターに丼を返却
久しぶりの失態ですがちゃんと固形物は胃に収めましたよ

旧年中は最後にドタバタはありましたが
美味しいラーメンとサプライズをありがとうございました

新年は早くも3日からオープンですね
マシマシ始めも、もちろんこちらのお店からになりそうです

■満腹度
★★★★☆

池田屋

京都市左京区高野玉岡町33-9
最寄り駅
叡山電車一乗寺駅
もしくは京都駅より京都バス大原行き乗車のうえ
高野玉岡町下車

営業時間 11:30~14:00 18:00~24:00
定休日 木曜日


にほんブログ村


ラーメン ブログランキングへ



楽天市場

スポンサーサイト
・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク


ページ最上部へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。