ちらうら!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

管理者用記事編集 スポンサーサイト
--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天市場



チェック このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃5件目!キムラ君!
2012/04/18 22:07


日中の陽射しは初夏を思わせるも夕方の風はまだまだ冷たく
服装のチョイスと体調管理に気を使うこの頃
今日はもうすっかりおなじみの池田屋にお邪魔しました

職場のある京都駅から一乗寺界隈まで
どう行けばいいのかまずは調査
大原行きのバスに乗り
高野玉岡町のバス停で降りるのがベストかという答えに至り
退社後足早に烏丸口のバス乗り場に向かいます

京都のバスに乗るのは初めてだなと思いながら
観光気分で車窓を眺め約40分
目的地のバス停に到着
お店へと足を進めます


いつもとは逆方向からのアプローチ
これまた新鮮な気分です
19:10頃お店に到着
先客は無し
店長と私のサシでしばらく時間を過ごします

食券は前回と同様
赤色に金帯のキムラ君(850円)



長めの茹で時間の間は店長とのトークタイムです
先日のブログで誤った情報を流したことをお詫びし



店長のブログについていろいろとお話させていただきました

こちらの店長はたった一人でお店の仕込みや調理
接客や後片付けまで全てこなされているので
仕事が終わってから一息ついた頃
余裕があればやっとブログを更新されるとのことで
書くことはたくさんあるらしいのですが
時間的に更新する余裕が無いということです

なうとかツイッターは?と聞いたら
それだと余計頻繁につぶやかなきゃいけないじゃん
ということでなかなか難しいみたいです

頑張れ店長
そこらへんの学生に賄いを食べさせれば
ボランティアで手伝ってくれそうですが
いかがなものでしょう

今はどうかわからないけど
近所の「夢を語れ」ではお掃除クラブなるものがあって
賄いラーメンひとつでお店の後片付けを手伝ってもらう
というスタッフ予備軍がいたように記憶してます

さて本題のキムラ君です




今日も豚がでかいですね
大迫力です
味は長時間漬け込んだのかタレの味が濃かったです
いわゆるシーチキン豚
というやつですか


麺も相変わらず太いです
ここ数日は普通のラーメンを食べていたので
なおさら太く感じ
やっぱり二郎系はラーメンじゃなく
二郎系という食べ物なんだと実感いたしました

ズルズルといただき完食
しゃべってたらご馳走様の一枚を撮るのを忘れてた

明日は池田屋の定休日
店長明日はゆっくり休まれて
またパワフルなラーメンを食べさせて下さい


にほんブログ村


楽天市場

スポンサーサイト
・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺・限定メニュー・汁なし・キムラ君

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 ますたに!
2012/04/18 11:30


初夏のような陽射しの照りつけるなか
ラーメン屋巡りを再開した私です
好きな物は辞められない

まずは京都駅ビルに向かいます


京都拉麺小路を一軒づつ制覇していきましょう



 

「すみれ」と「大勝軒」は既に食べたので
今日は京都ラーメンの代名詞と言われる
「ますたに」に行きましょう

こちらもお昼時は行列が出来ており
同フロアの中では一番の人気のよう
今日は11:00過ぎと早めに入ったため待ちはありませんでした

入り口でお姉さんが呼び込みをしており
鶏ガラをベースにした背脂醤油ラーメンです
と盛んに声を出されておりました

二郎系ならまず豚にむしゃぶりつくのですが
まずはスープからいただきましょう

優しい味ですね

同じ醤油ラーメンですが
昨日の第一旭とはまた風味が異なります

私は喫煙者で味音痴ですが
目隠しをしてどっちが豚か鶏かと言われても
これくらいなら分かりますよ

プカプカ浮いている背脂も思ったよりしつこくなくて
スープだけでも何杯でも飲めそうな勢いです


麺は細めのストレート麺
少し柔らかめの茹で加減かな

基本のラーメンって言うのはこういうものなんだと
今更ながら再認識されました

今日は晩御飯にもラーメンを食べるつもりなので
残飲完食で



坦々麺もあるということなのでまた来ます
これで3軒目制覇


にほんブログ村


楽天市場



チェック このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク


ページ最上部へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。