ちらうら!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

管理者用記事編集 ラーメン荘歴史を刻め!5ロット目!塩!
2012/04/12 20:07


春というより初夏を思わせるポカポカ陽気に誘われて
本日は昼間に「ラーメン荘歴史を刻め」
にお邪魔しました

休日で天気がいい事もあり今日は自転車で向かいます
途中淡路駅周辺で迷ったものの
上本町から下新庄まで1時間
大体計算通り11:50分頃にお店に到着です

いつもは行列のこの店も昼営業は比較的空いているみたいで
店内には空席あり
今日のお目当ては昼営業限定の塩ラーメンです


いつもの緑の食券(豚ラーメン900円)を購入し
塩味にチェンジの目印
紫の洗濯バサミを挟み店内へ
今日も麺上げがカズ氏で助手がだいちゃんでした
待ちが居ない事もあって店内には緩い空気が流れます

お店のBGMはラーメン荘名物の高田リオン氏の曲じゃなく
助手のマサさんが歌うアニソンが流れてました

それほどの待ちも無くすぐのコールタイムで
いつもは全マシの私ですがアブラは自粛
今日は「ニンニクヤサイカラメ」でお願いしました



歴史を刻め塩ラーメン豚マシニンニクヤサイカラメ



前回の塩ラーメンと同様カツオ節のトッピングです
食券を購入して10分程度での提供でした

2月27日の2時間待ちの大行列や
おとといのおもしろい方への1時間待ちは
なんだったんだろうと思う早さです
ラーメン荘の塩が食べたければ
歴史を刻めの昼営業がおススメですね

豚マシなのでまず一口目は豚からいただきます
脂身は多いですがタレで長時間漬け込んだ物ではないので
しっかりとした歯ごたえと豚本来の風味を楽しめます

スープは2月の時と同様あっさりめ
前回感じた柑橘系の酸味はあまり感じませんでした
コショウを振るともっといい感じになるかな
このお店は調味料持ち込み可なので
次は愛用のペッパーミルを持参して来ようかと思います



麺もいつも通りのギザギザ平打ち麺
こいつが後に私を苦しめます

考えたら2日前にもラーメン荘のラーメンを食べてるよ
中1日なんて初めてかも
ここのラーメンは
どうしても食べたいという欲求が高まってから食べる物で
なりゆきで来ちゃいましたという時にはちょっときついです
普段は汁なしを食べていることもあり
猫舌の私は後半少しペースダウン
前述の麺はスープを吸って
どっしりと胃袋にひびいてくるわけです

2つ隣にだいちゃんが座り賄いを食べてましたが
1ロット遅いにもかかわらず光の速さでたいらげて
私が食べ終えたときにはもう作業を再開しています
ラーメン荘の従業員恐るべし

お昼の緩い雰囲気の中で良かったよ
ロット最遅で胃袋に収めました



2日前におもしろの塩を食べたので
どうしても比較してしまうのですが
歴史の塩は優しい感じ
おもしろは醤油同様どっしりパンチが効いた感じに私は思います

ちょっと最近調子に乗ってラーメンばかり続いてるので
そろそろ自粛しなきゃいけない時期かなと思います

糖尿病患者はまず野菜でお腹を満たして
料理を食べなきゃいけないのだけど
今日の野菜サラダレポなんて
ブログに書いても需要はないでしょね

ラーメン荘歴史を刻め
大阪府大阪市東淀川区下新庄5-1-59
http://blog.livedoor.jp/yumedaichi/lite/
火曜~土曜 11:00~15:00 18:00~24:00
日曜 11:00~17:00
月曜 定休日
本日レポの塩ラーメンは火曜~土曜の昼営業のみで
試験的に当分出されるみたいです




にほんブログ村


楽天市場

・関西二郎系・ラーメン荘・歴史を刻め・下新庄・塩味

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 ラーメン荘おもしろい方へ!3ロット目!塩!
2012/04/10 22:37


春真っ盛りというか初夏を思わせる陽射しを浴びながら
ひぃひぃ言いながら仕事を終え
30分遅れで退社して京都から住道へと向かいました

私のホームである「ラーメン荘おもしろい方へ」
が一周年を迎え
本日限定の塩ラーメンを出すと言うことでお邪魔しました

先述の通り今日は定時にあがる予定だったのが
バタバタして出発が30分遅れ
お店に着いたのが19:50位
すると


店内はおろか外にも待ちの列が出来ていた
数えると20人位かな
6人1ロットと計算しても1時間待ちか
1ヶ月ほど前の歴史を刻めほどでは無いにしても
皆チェックしてやってくるんだね
並んでいる間皆が皆携帯をいじってましたが
このブログの読者さんは・・・
居ないかな

おもしろで並んだのは初めてでした

計算どおり50分位して入店

食券確認の際店主がお客さん一人ひとりにありがとうと
挨拶をされていました
かなりテンパってる様子ですが
なんか場が和みました

さて本題の塩ラーメン
いつものようにコールタイムは全マシで


やってきました
豚ラーメン全マシ本日限定の塩

2月の歴史ではカツオ節がのってたけど
きょうのおもしろの塩は青ねぎトッピング
一度二郎系でねぎ入りが食べたかったんですよ

ではいただきます
塩でもやっぱりパンチが効いた味ですね
ニンニクの香りが醤油よりダイレクトに感じます


今日の麺はいつもより縮れ気味のギザギザ麺

塩ダレなのか豚の味付けなのか
今日はさわやかな酸味が口に残りました

ごちそうさま

最近限定ばかりで普通のラーメンは食べてないわ

お店を出ると行列が更に凄い事に
皆さん塩にありつけたんでしょうか



にほんブログ村


楽天市場

・関西二郎系・ラーメン荘・おもしろい方へ・住道・限定メニュー・塩味

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 吟醸らーめん久保田本店!
2012/04/08 22:59


ラーメン!つけ麺!俺・・・

イケメンじゃなかったな

こんな死語になりつつある言葉を発するのが
やっぱり四十に王手をかけたおっさんということか

今日のお昼は職場の後輩が
京都駅の近くにおいしい味噌つけ麺があるよ
と言ってたのを思い出し京都駅から北へ向かった
「吟醸らーめん久保田本店」にお邪魔しました


京都駅から北へ向かうと言っても
結構歩くみたいだし場所の説明を聞いても
いまいち把握できなかったので携帯で検索
食べログに地図が載っていたのでGPSでご案内
スマホじゃないけどまだまだ携帯は使えます



本当の最寄り駅は地下鉄の五条駅らしく結構歩いたよ

なんとかお店にたどり着き11:50頃入店
カウンターしかない10ある席は私が入った時点でちょうど満席
タイミングは良かったみたいです

食券機でつけ麺大(950円)を購入
ボタンには普通の麺の3玉分位(375g)
ありますなどと書かれてましたが
そんなのいつも二郎系で食べているので余裕です

麺を茹でるのに15分かかるというので
食べログで他の方のレビューをチェック
味噌味のつけ麺は珍しい為か
評価は賛否両論真っ二つに分かれてます

キッチンが席から丸見えで
天空落とし気味にお湯を切られた大量の麺が私の前に出されます



若干縮れ気味の太麺です
つけ麺の流儀としてまずは麺だけ何もつけずにいただきます
うん、のどごしツルツル良い感じ


P1000619.jpg
で、つけ汁登場
真ん中のパウダー状のが魚粉で
その周りにラー油がプカプカ浮いてます

具はチャーシューの切れ端と多目の挽肉で
麺に絡みやすくなるよう工夫されているみたいです



では麺をつけていただきます
ラー油の他にもいくつかスパイスが使われているようで複雑な味
ちょいピリ辛風味です
なんとたとえていいのか
味噌ベースのカレーうどんのだしと言うべきか
結構こってりしています

粘度の高いつけ汁と縮れ麺のおかげで
麺をすするだけでも結構スープが絡んできて
食べ終わる頃にはつけ汁の量が3分の1位に減っていました

昨日縮れ麺と天一のスープの
コンビネーションを楽しみたいと書きましたが
まさにこういう状態になるんでしょう

麺を食べ終えたらつけ麺最後のお楽しみスープ割り
店員さんにお願いすると
かき氷のシロップをすくうような小さなレードルで
スープを入れてもらいました
こんだけ?と言うような量でしたが味は一変
口に運ぶとさっきとは全く違う粘度とのどごしです
これまた昨日の「こっさり」を思い出します



今日も完食ごちそうさま

ここのお店はつけ麺だけじゃなく限定ラーメンの種類も豊富で
仕事合間の散歩がてらまた訪れようと思います

吟醸らーめん 久保田 本店
京都市下京区西松屋町563 フジ萬ビル 1F
店舗ブログ 吟醸日記



にほんブログ村


楽天市場



チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 天下一品八条口店!
2012/04/07 20:39


4月から再びサラリーマンのはしくれとして再起動
仕事の方もまぁ軌道に乗りつつあるのか
マイペースで働いております

で、我が家のある大阪上本町から
京都駅まで通勤するモチベーションになっているのが
ラーメン屋めぐり

本日の一杯はこちら

天下一品八条口店にお邪魔しました
20歳の頃にも京都で働いていた時期があるので
私的にはもうすっかりおなじみのこのお店
外観も内装も店員さんも当時となんら変わりありません

普段豚の背脂とニンニクにまみれた
二郎系ラーメンばかり食しているので
天下一品のこってりなんて
ポタージュスープのように感じる今日この頃
ここは趣向を変えて今まで食べたことの無いラーメンに挑戦
「こっさり」を注文しました

「こっさり」ってご存知です?
最近は王将と並んで天一も
テレビに取り上げられる機会が増えているので
知る人ぞ知るメニュー的に紹介されていることもありますが
天一名物こってりスープとあっさりスープを
半々に混ぜた裏メニューらしいです

オーダーしてしばらく待つと
愛想のいい店主自らテーブルに持ってきてくれました


こちらが噂のこっさりです
どういうオペレーションなのか
エスプレッソのように表面が泡立っています



めんはいつものストレート麺

天一のスープに縮れ麺や二郎系のような太麺を
チョイスしてみたい願望があるのですが
それをするとスープが絡みすぎて駄目なのかもしれません
一度持ち帰りのスープを買って試してみようと思います

さて本題のこっさりスープですが
まず口に運ぶとまずこってりの味が口に広がります
で、喉を通過する時に
かすかな魚介系の風味が鼻をくすぐる2段構えの味でした
なるほどこれは悪くない

お店によって備え付けの調味料は異なりますが
こちらのお店はからし味噌がテーブル上にあるので
ちょいとスープに溶かします
と、やっぱりこってりの味が際立ちますね
いつもの安心感のあるスープです

スープも麺も箸が進んですぐに無くなり
ごちそうさま



大にしても良かったかな

天下一品はお店によってトッピングや定食メニューも様々
私は一度大阪のお店で
納豆ラーメンなる物を食べたこともあります

スープの粘度も各店微妙に異なるので
基準を確認するために今度は本店にもお邪魔しようと思います

天下一品八条口店
京都市南区西九条池ノ内町104


 

楽天市場



チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃4件目!キムラ君!
2012/04/01 15:44


暖かい春の日差しが降り注ぐもまだ風は冷たく
服装のチョイスに気を使うエイプリルフールのこの日

まだこのブログを始める前に一度だけ食べる事が出来
再度食べれることを強く熱望していた限定ラーメン
「キムラ君」がこの度復帰するとの告知を得て
京都一乗寺「池田屋」にお邪魔しました

店長より直々のお知らせがあり
この日が来るのを心待ちにしていたのですが
お店のブログには昼と夜の部それぞれ10食のみの
限定メニューと書かれています
このメニューは作るのに手間がかかるっておっしゃってたから
これはまぁ仕方が無い

先日の赤壁の時のような行列にハマることの無いよう
早めに家を出発します
到着したのは開店の15分前
先客は3名です

遠方より来たのにありつけないなんて事は回避され一安心
列の最後尾に並びます
開店時刻になり店長がお出迎え
順番に食券(キムラ君850円)を購入し席につきます



開店と同時に入店したのは5名
うち赤に金帯の食券を購入したのは
私を含めて4名
皆さん食ってやるぞというオーラを漂わせた
猛者ばかりのようです
開店早々にてこの限定率の高さ
10食だけなので
今日ありつけなかった方もいたのではないでしょうか

太くカットされた池田屋の麺を
汁なし用の柔らかい硬さまで茹で上げるため
オペレーション時間は10分少々と結構な時間がかかります
私の後に来た方の小豚ダブルを先に出してから
いよいよキムラ君の盛り付けに入ります

先の方から順番に「ニンニクとタマゴ入れますか?」
と、コールタイム
出来栄えを横目で観察します
面白かったのは皆が皆
出来上がりの作品に箸を付ける前に撮影タイム
ピンピロリ~ンやカシャっとシャッター音の大合唱です
やはり猛者ぞろい
今夜にはレビューサイトやブログに
このときの様子がアップされるでしょう

いよいよ私のコールタイム
「ニンニクとタマゴ両方ありで」
やってきましたキムラ君


豚にフォーカスをあててもう一枚


絶対さっきからキムラ君って何?
と思われた方がいらっしゃると思いますが
店長自家製ニラキムチのトッピングと
これまた自家製のラー油で味付けされた
汁なしラーメンの名称です
キムチとー油でキムラ君

それでは麺を引っ張り出していただきます
麺をすするとラー油の香ばしいニオイが
のどから鼻の中に抜けてきます
これはおいしい一品
前回食べた時よりもこの香ばしさが引き立ってるように思います

ニラキムチも単独でちょいとつまんでいただきます
あっさり漬かっていいあんばい
豚はもちろんしっかりと味の付いた一枚豚
このボリュームなら豚増しはしなくても十分です
今日はご覧の通りのへたなうどんより太い超極太麺ですが
しっかりと茹で上げられた成果で
もちっとした食感が印象的でした



撮影枚数は多かったですが隣の方と同時に食べ終わり
ごちそうさまでした

色の赤さを見れば辛いのは伝わってくると思いますが
確かにピリっと辛さが効いてます
でも決して激辛ではないので
極端に辛いのが苦手でない方であれば
おいしくいただけると思います

また見た目に反して
豚の背油はあまり使ってらっしゃらないということで
私基準ですがあっさりいただく事ができました
いかにもごつい男が好みそうなイメージの二郎系ラーメンですが
これなら女性の方にもおススメです

店長のブログの告知を読むと本日のみの限定かと
勘違いするような表現ですが
少なくとも4月中は続けられるみたいです
限定10食ということですが
開店時間にお店に行けば食べる事が出来そうなので
またまたいただく機会がありそうです

「池田屋」
【住所】京都府京都市左京区高野玉岡町33-9
【最寄り駅】叡山電鉄一乗寺駅
【営業時間】11:30~14:00 18:00~24:00
(日祝は22:00まで)日祝も24:00まで
【定休日】木曜日


楽天市場

・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺・限定メニュー・汁なし・キムラ君

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク


ページ最上部へ