ちらうら!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

管理者用記事編集 スポンサーサイト
--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天市場



チェック このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

管理者用記事編集 ラーメン荘歴史を刻め!4ロット目!汁なし!
2012/03/29 23:05


日差しが暖かく降り注ぎ
桜のつぼみもほころび後数日で開花宣言がされようとするこの日
内科での血液検査を終えた私が摂生解除第一弾に選んだお店は
大阪市東淀川区にある
「ラーメン荘歴史を刻め」でした
3月より平日の昼間も営業が開始されたのですが
まだ訪れていなかったのでレポ

いつものように阪急下新庄駅を降りお店に向かいます
昼営業は比較的まったりだよと言う情報を聞いたのですが
なるほど前回のような鬼の並びはありません

塩ラーメンを食べた日はこの写真の一番奥の店舗前から
左手前に見える高架の柱のところまでズラッと人がいたんですよ


夜の部の並びも以前よりは緩和されたらしく
うまい具合に混雑が分散されたみたいです

券売機には説明書きが多く初見殺しですが
学生がメインの客層なのでまぁみんなノリで食べてます


ではいつものように緑の食券(豚ラーメン900円)を購入
もちろん汁なしにチェンジする洗濯ばさみを挟み
あわせてチーズ(50円)も追加します

席が空いていたのですぐの入店です
今日の麺上げ担当は今までと違い背が高くて細いお兄さんでした
この人が西宮の「これが好きだから」に居たカズ氏かな
オペレーションの手際が初々しい
助手はまさかの店主だいちゃんでした

並びが無かったとはいえ席は全て埋まった状態
地元の年配層が多いのかなと予想してたけど
やっぱり学生風の若い方がお客の大半を占めていました

入店と同時に作る工程が始まっていたので
すぐのコールタイム
いつものごとくコールは「全マシトウガラシ」です

糖尿患者とはいえ2ヶ月間摂生したご褒美なので
今日くらいドカ盛りを食べてもいいでしょ?






豚ラーメン汁なし全マシトウガラシ
今日もいい写真が撮れました
麺上げ職人は変わってもこの盛りは健在です
見てくださいよこの豚の厚さ
よそのラーメン屋では味わえない迫力です



麺もぷりぷりしてて食欲をそそります

ではいただきます
やっぱりラーメン荘は良いですね
今日はわりとあっさりめの味で箸がどんどん進みます

豚は味付けがなされていないのか
塩分の辛さは感じませんが豚本来の味が楽しめてグッドです

麺は見た目どおりのぷりぷり感あふれる平打ちの太い麺
溶けたチーズが程よく絡みズルズルといただきます



食欲の赴くまま食べ進め残りもあとわずか
しかし恐らく通常のラーメン店の1玉くらい有る麺に
最後の挑戦をいどみます
今朝の朝ごはんはマクドナルドのソーセージエッグマフィンで
まだそれが腹に残っている状態での対戦だったので
ここからがキツかった

でもいつものごとく固形物は全て腹に収め対戦終了
最後尾でフォトセッション付きのハンデにもかかわらず
ロット内最速で完食しました



ごちそうさまでした

まだだいちゃんが見守るなかの麺上げのようですが
カズ氏の作るラーメンも荘魂が感じられておいしかったです

ラーメン荘のなかでは平日に昼営業をされる
ここは貴重なお店です



にほんブログ村


楽天市場

スポンサーサイト
・関西二郎系・ラーメン荘・歴史を刻め・下新庄・汁なし

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃3件目!赤壁!
2012/03/18 19:02


暑さ寒さも彼岸までというが
なるほど今日は雨こそ降っているものの寒くない

そんななか京都一乗寺のラーメン屋さん
「池田屋」が一周年を迎え
限定ラーメンを出すというのでお邪魔しました


お昼のピーク真っ盛りの12:30到着
店外にも待ちができている
お向かいの「高安」もご覧の通りの大行列



こちらの列は私が並んで5人待ち
何分くらい待つだろう

しばらくするといつもの店長が出てきて食券の色確認
私はまだ食券を買っていなかったので店内に一旦入る
ここもラーメン荘系列と同じく
行列時は先に食券を買って並ぶシステムのようです
お目当ての「赤壁(せきへき)」(900円)
の食券を購入し列に並びなおします

店長のブログを見てやってきたのですが
赤い壁
やっぱり辛いのかなぁ
まあとにかく赤いんだろう
どんなラーメンが出てくるのか
勝手に妄想しながら外で待ちます

2~30分位待ったかな?店内にご案内
食券をカウンターに置きしばし待機

大勢の人がやってくるのを覚悟したか
店長のほかにも職人さんが一名
石川の本店からのヘルプかも

このお店は「歴史を刻め」等と違い見込み茹では無しで
先客が帰ってから麺を茹でているようで
いつもと変わらない待ち時間でした

ちなみに店長、今日はさすがに忙しいのか
黙々とラーメンを作っています
なので店内の張り紙を眺めて時間をつぶします



10分くらい待ってからいよいよコールタイム
「ニンニク有り」コールをして出来上がり



おおこれが赤壁




うーんいい眺めやん
この白い物体は何?

それではいただきます
まずは謎の白い物体から
ふにゃり
何とも言えない食感、えびせんでした

ではでは豚もいただきましょう
前回前々回と絶賛したあの池田屋の豚が炙られている
これは旨い!いつものジューシーさは鳴りを潜めるものの
香ばしい香りが口の中に広がります

今日は大盤振る舞いで普段の豚の2枚か3枚分くらいが
ヤサイの上にのせられています


ご自慢の太麺ももちろんいいのどごし

で、一番てっぺんに乗っていたのが肉味噌
これがうまーい
麺に、ヤサイに絡めていただきます

うずらの卵も2個のせられて
これで900円
店長、今日はがんばりましたね

思ったほどの辛さはなくいつもより多めにスープを飲み



ごちそうさま

それと遅ればせながら
一周年おめでとうございます

二郎を坦々麺風にするとこうなるのかというこの赤壁
池田屋の限定ラーメンにはずれ無し
という評判を裏切らない一品でした

4月からはまた
キムラ君が復活予定ということなので
今度は桜吹雪の舞う頃訪れようと思います


にほんブログ村


楽天市場

・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺・限定メニュー

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 ラーメン荘地球規模で考えろ!
2012/03/08 20:17


3月8日木曜日迫り来る雨雲の気配を感じながら
ラーメン荘地球規模で考えろ

にお邪魔しました

【住所】
 京都市伏見区撞木町(シュモクマチ)1153番地9

【営業時間】
 火曜~土曜日 18時~24時
 日曜のみ 17時~22時
 定休日 月曜

17:40京阪丹波橋駅到着
大阪に系列2店舗が出来たこともあってか
最近並びが少ないと聞くが油断は禁物
早足でお店に向かう

10分程で到着、まだ並びは無い
「ファーストオブファースト」獲得です
お店前にある椅子に座り開店を待ちます

しばらくすると2番手のお客さん来店
しれっと店内に入り食券を購入されます
ここは「歴史を刻め」と違い
開店前にも食券が購入出来るようになったみたいです

早速私も食券を購入

今日のお目当ては3周年記念限定の

汁なしチーズ入り(700円)

汁なし二郎系マニアの私にとってこれを食べないわけにはいきません



開店5分前
申し合わせたようにお客さんが押し寄せて
あっという間に15人ほどの行列が出来上がります

18:00ちょうど開店、1番手でご案内
豚マシコールをし現金で150円を払います

出来上がりまでしばし待機
このお店は開店以来
大阪に「歴史を刻め」や「おもしろい方へ」が出来るまで
暑いときも寒いときも
パンチの効いたラーメンを食べる為
通つめた思い出がよぎります

久しぶりといってもホーム感でいっぱい
高田リオンさんのオリジナルソングに身を委ね
リラックスしながらやなさんのロットワークを眺めます

お待ちかねコールタイム
もちろん全マシ


うおぉぉぉぉぉ
私の元に
汁なしラーメンチーズ入り全マシ到着

ラーメン荘の麺上げ職人数いれど
やなさんが作るラーメンが一番ビジュアルがいい
 
では早速いただきます
まずは麺から

硬さは柔らかすぎず硬すぎず
のどごしがいい茹で加減

麺の上にのった黒い粒
一瞬黒ゴマか?と思ったほどの
荒挽き胡椒がピリリと舌を刺激します


豚もご覧の通り
言葉は要りませんね
うまいっ

今日の限定は粉チーズがかかってるんだと勝手に思ってた私は
チーズはどこに消えた?と箸で捜索


どうやら歴史を刻めと同じく
麺と野菜の間に敷かれていたみたいです
とろりとまとった麺がこれまたクリーミィ

途中シャッキリ茹でられたヤサイで箸休めしつつ食べ進めます

出ましたラーメン荘名物ゴロゴロ豚
デュルンデュルンの脂身と共にかぶりつきます
今日は豚マシにしてよかったぁ


いつもより長めに取ったフォトセッションタイムのため
後塵を拝したものの2番手でフィニッシュ
後半は何も考えずにラーメンをススり続けました

ごちそうさまでした
そして3周年おめでとうございます


また汁なし食べさせてください

今日は写真を多目かつ大きく使ってみました
味の表現をくどくど書くより写真の方が食欲をそそりますかね?


にほんブログ村


楽天市場

・関西二郎系・ラーメン荘・地球規模で考えろ・京都・伏見・汁なし

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃2件目!
2012/03/06 17:04


4月上旬並というぽかぽか陽気に誘われて
本日は京都一乗寺
「池田屋」にお邪魔しました

いつものように叡山電鉄一乗寺駅から店舗へ向かう
12時過ぎというお昼のゴールデンタイム真っ盛り
並びはあるんだろうかと考えつつ
公園を抜けるといつもの黄色いテントが見えてきます



外に並びは無し
店内は空席が2、3席
まあ程よい盛況で良かったよ

並ぶのも嫌だけど
この時間にガラガラなのはねぇ
ラーメン激戦地である一乗寺から撤退しないよね?
とか嫌なことを考えてしまいますから

店長1人でまわせる程度に適度に忙しいと安心します


今日の注文は
夜に「ラーメン荘地球規模で考えろ」が
汁なしチーズを出すというので

それを考慮して「小豚ラーメン」(900円)
にしときます

いつも汁なしばかりなんで
池田屋初のスープありに挑戦

麺を茹でている間しばらくお店を見回します



今日も丼上げずに帰られた方がいらっしゃいましたけど
店長1人なんでご協力を



ご自慢オーションの袋の横には
持ち帰り鍋の告知
家で一度食べてみたいけど
大阪まで持って帰るのはなぁ
電車だし

さてコールタイム
デフォの量確認のためニンニク有りコールのみ



でこれだよ
小豚ラーメンニンニク有り到着
ニンニク・ヤサイ共に他店のマシの量だな



ニンニクの存在感・・・

ではいただきます
まずはいつも通り天地返し



この極太麺がいいんですよね
ラーメン荘とはまた違い荒々しい




池田屋名物?一枚豚
相変わらずフワトロでうまいです
今日は豚マシなんで食前・食中・食後と
躊躇せず堪能できました

スープは乳化気味でクリーミィ
全飲はさすがにしないけど
ごくごくいけそうな感じでした



あれだけ盛られたニンニクですが
それほどの主張感は無く
汁なしで感じた舌のピリピリ感も無くおいしくいただけました

デフォの汁ありラーメンもおいしかったです

ごちそうさま


ただ、夜に食べるつもりだった地球は
溢れそうな満腹感の為断念
私の胃袋で二郎系は一日一食が限界です
今日はプチにすべきだったかな

連食レポ上げてくるブロガーさん達の胃袋には敬服します
昼・夜じゃなく
池田屋を出てその足で
「夢を語れ」へ行く勢いで食べてらっしゃいますからねぇ



にほんブログ村


楽天市場

・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 ラーメン荘おもしろい方へ!2ロット目!汁なし!
2012/03/01 19:50


暦も変わり今日から3月
気候や環境など様々な変化があるこの季節
このラーメン店にも
変化の波が訪れました

各店微妙に異なるものの50円単位の価格改定
営業時間の変更
そして私のとっての一番のニュース
あの店にも「透明なやつ」登場!
たぶんあれでしょう

そんな謎を解き明かすべく
今週は月曜日にもラーメンを食べたのにもかかわらず
「ラーメン荘おもしろい方へ」に潜入!

価格変更のお知らせはチェックしたものの
気になるあの情報が公式に出ていない
3月1日午前

私は昼夜逆転の生活サイクルなので
一旦眠りにつく
夕方に起きてPCの電源を入れ
上記「透明なやつ」の情報を入手

喜び勇んで外出の準備をするも
既に時計の針は17時を過ぎていた
月曜に続きまた微妙に出遅れた

歴史を刻めのような並びは無いだろうと思いつつ
青いチェッカーフラッグを目指して
中西さんの言うところの
「アウトインアウト」
「ファイストインファーストアウト」
の勢いでお店に向かいます


ファーストロットこそ逃したものの
いつもの緩い空気が流れる店舗に入店します


ほっとしながら券売機に向かいます
なるほど
確かにラーメンと豚ラーメン(もちろん大も)が
50円値上げ
850円と900円じゃ財布に聞こえる響きが違います
が、たかが50円
いつものように緑の食券を購入
お目当ての透明なやつは?


券売機の上
写真はブレてますが
汁なしと緑の小物入れには書かれています 
推測的中です

控えめの告知と
分かる人には分かる洗濯バサミの場所
まだ試作段階なんでしょうか
ドヤッ!て感じではなさそうです

食券確認の時に
中西さんがニヤリと笑い
(ブログ)読まれたんですね」

もちろんですとも
うちのPCは
ラーメン荘のブログが更新される度に
お知らせしてくれる機能

が内蔵されてますから

あ、このブログは見てるんでしょうか
恥ずかしいのでまだこちらからはお知らせしてません

たまたまでしょうが
前回のレポでお願いした要望が叶い
本望です

コールタイムまでしばし精神統一

ふと目を上げると既に麺が丼の中に入っており
トングでタレを絡めているところ

「ニンニクは入れますか?」
「全マシトウガラシで」


待ってました
おもしろい方への汁なし全マシトウガラシ
今日の豚はビジュアルがいい!

食欲をそそります

食材構成は歴史を刻めと同じ
少なめにしたスープに
フライドオニオンと
ブラックペッパー
がふりかけられます

ではいただきます

まずは追加のアブラをかけずに
おもむろに箸を突っ込み一口
フライドオニオンの香ばしさと
かすかにシャリっとした食感を楽しみます

ブラックペッパーはもう少し多目の方がいいかも
次回は胡椒マシコールしようかなと思います

アブラをかけ回し本格的にいただきましょう
んん~っ
麺の茹で上がりが異常に早かったので
食感がバキバキモチモチ
少し固めです


汁なしだし同ロットは私1人のみだったので
オペレーションをあえて変えてみたのかも

他店で恐縮ですが「池田屋」の店長は
汁なしの時は柔らかめに茹でる
とおっしゃてたんで
これは別角度からのアプローチ
好みとしては柔めのほうがズルズルいけるのでいいかも

豚はビジュアル通りの期待を裏切らない味
味付けは薄いものの
豚の旨みがしっかりと感じられます

全体的な味付けは歴史を刻めの汁なしより
どっしりした感じ
これはアブラの量なのかなと推察されます

固めで重いモチモチ麺の食感もあって
後半に苦しみながらフィニッシュ
固形物をスープに沈める技が使えないので
厳しい戦いでした


ブレを楽しむのも二郎系の醍醐味
今日の汁なしは
まだ試作の域を出ないかもしれません

中西さんも
「今後違うものになるかも」
とおっしゃてたんで
次回また進化した汁なしが食べられそうです

今日もごちそうさまでした


にほんブログ村


楽天市場

・関西二郎系・ラーメン荘・おもしろい方へ・住道・汁なし

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク


ページ最上部へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。