ちらうら!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

管理者用記事編集 ラーメン荘歴史を刻め!3ロット目!塩!
2012/02/27 22:08


言葉の通り
逃げるように月日が去っていく
2月も残すところ後3日を迎えたこの日
「ラーメン荘歴史を刻め」が臨時営業
しかも塩を限定で出すという
いくら血糖値が高くともこれは食べずにいられない

今日は午後より医者に行き
そちらのエピソードをブログに書いていたため
下新庄へ向かう電車に乗ったのは
18時をまわろうとしたところ
完全に出遅れた

まあ月曜日の臨時営業さほど並びは無かろうと
希望的観測球を打ち上げていたのだが
電車が淡路を過ぎ新幹線の高架下をくぐる頃
いつものように店舗前の並びをチェック
(ノ∀`)アチャー
結構並んでるわ

18:30下新庄駅を降り足早に店舗に向かう
高架下の道路に着き並びを間近に見る
って

 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

ずらりと並んだ行列は交差点まで達し
最後尾は南へ折れ曲がっている

ぱっと見50~60人位はいるのだろうか

いつもの並びで1時間
これは塩ラーメンにありつけるのは20時位になるかな?
せっかく来たのだからと
意を決して食券を購入

既に限定のトッピング、バター(50円)は売切れ
ブログにあった紫の洗濯バサミも無い


ブログには22時位までは塩ダレはもつだろうと書かれていたので
これは洗濯バサミが物理的に切れているのだろうと考え列に並ぶ

お店の明かりが遠い・・・

塩じゃなければ絶対に並ばない

自転車に乗った近所の方が
「こんなに並んでるのは見たこと無い」
と目を白黒させながら通り過ぎていきました

この日は昼間日差しが強く寒くないんじゃないかと思い
うかつにもダウンの上着を着て来なかった
日が落ちきったこの時間
北風が冷たい


この店はロット制で6人前のラーメンを一度に茹で上げる
出来上がりの間隔はだいたい15分
今並んでいる人数に換算すると何ロット分?
ああ・・・気が遠くなる

途中あまりの寒さに耐えかね
店舗前の自動販売機でホットの飲み物を購入

手や首筋を温めた後
体の内部も温める

話は逸れるが
この自動販売機アサヒ飲料のものなのだが
「食事の脂にこの1本」が入っていない
このロケーションにあって私ならしれっと200円で売るのだが
と、暇なのでどうでもいいことを考える


寒さに耐え
死んだ魚のような気分も飽きてきて眠気さえ出てきた頃

やっと店の明かりと
だいちゃんの顔が正面に見えるところまでやってきた


いよいよ助手さんの食券確認
ここまで来れば2ロット以内にラーメンを食することが出来る

予想を10分くらい上回ったが20時過ぎに店内へ
事前に塩コールを行い紫の洗濯バサミをつけてもらう 

前回は左手に炊事手袋をしていただいちゃん
今日は素手でのオペレーション
だいぶ怪我も回復してきたみたいです
店内は暖かい
が、まだ震えは止まらない

さて、しばらくすると待ちに待ったラーメンが私の前に到着


豚ラーメン塩全マシ
今日は塩のあっさり感を楽しみたかったのでトウガラシは自重

早速麺を一口
いつものように小麦の香りが広がるが
この日は後味にレモンのような酸味とカツオの風味が加わります
豚も肉厚に切られこれもいい
スープも塩ならあっさりしててゴクリと飲むことが出来ます


いつもの暴力的な味は鳴りを潜め
今日の塩は優しく
寒さに堪えた身体に染み渡る

今日は久しぶりのスープありラーメンにもかかわらず
ロット内2人抜きでフィニッシュ

ごちそうさまでした

そして今日並ばれた皆様
だいちゃん
助手さん
お疲れ様っす


にほんブログ村


楽天市場

・関西二郎系・ラーメン荘・歴史を刻め・下新庄・塩味

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 のスたOSAKA!
2012/02/22 22:29


先週のラーメンレポから1週間
そろそろ化調成分が切れ始め
高めの血糖値を気にするも禁断症状を抑えきれず
このブログではまだレポをしていない
「のスたOSAKA」
へお邪魔しました

大阪店主体調不良のため週末限定営業になったり
価格改定があったりと
何かと迷走気味のこのお店ですが
私の自宅から徒歩で行ける数少ない二郎系として重宝しています

2月の通常営業開始から
新たにメニューに加わった
味噌味が
なかなかパンチが効いている

とのことなので期待しながら
自転車で下り坂を全力で下り
ドリフトを決めつつ日本橋へ向かいました

11時半をまわった頃お店に到着
店外に並びはありません

ご覧のようにお洒落な外観で
広く取られたガラス窓が開放的に感じられます

なんばグランド花月の裏から電気街へと向かう道筋でもあり
一見さんがホイホイと入ってきます

ただしそんな外観とは裏腹に
量的にかなり凶悪なラーメンが出てきます
 
今日も隣に座ったのはお年を召した老夫婦
お二人は麺少なめコールをするも
大量に盛られたヤサイ山に
目を白黒させながら食されておりました

無事に帰ることが出来たのでしょうか
老夫婦のその後の身を案じつつ今このブログを書いております

公式ツイッターでも
再三量が多いですよとつぶやかれておりますが

この一見ホイホイの外観は二郎系のお店にやっぱり不釣合いかと

店舗前にドヤ顔で飾られた写真ですが
マシマシくらいの量にしたほうが
お客さんの覚悟も出来ていいと思うのですがどうでしょう

まあそんなことは店の方針なので気にしても仕方が無い
話は戻ってお目当ての味噌の食券(800円)
を購入し席に着きます


このお店はラーメン荘と同じくロット制です
最大で6人分位まとめられて麺が茹でられます

店内は17席あり最大で2ロット分待つ事があります
しばし爆音のBGMに身を委ね
ツインロットのオペレーションを観戦しつつ
出来上がりをお待ちください


コールタイムは食券確認時
ニンニクの有無と
少食の方はこのタイミングで
麺とヤサイの少なめコールを行います

マシ・マシマシは不可なので
近所のお店に慣れた方はご注意ください
コール無しでもヤサイは他店のマシ位の量は盛られますので
充分満足のいく量は食べられます


写真に人物は写らないようにちゃんと撮りましたよ 

私はまだ食べていないのですが
このお店の売りはポン酢のようで
「のスた」印の旭ポンズが誇らしげに飾られています 

この日は味噌の食券を購入したためか
「ニンニクは無しですか?」
と尋ねられました

私の食券購入と同時に麺が投入されたため
それほど待つ事も無く私の前に
「賄い味噌」ラーメンが到着

コーンの黄色が加わり見栄えがいいですね 


ヤサイの下に敷かれた豚と麺を引き出しもう1枚
赤い粒が見えるので
デフォでトウガラシも少し入っているようです

フォトセッション終了
ではいただきます

ラーメン荘に似た平打ちのデロ麺です
私の席のすぐ横に製麺室があるので間違いなく自家製麺です 
茹でる前の色が若干他店より白いので
オーション成分は少な目かも
特筆すべきはこの店の麺は少し短めにカットされています
でもこの短めの麺何か意味があるのでしょうか?
一度に持つ麺の量が限られ豪快にススる醍醐味は感じられません

豚はふわトロのバラ豚です
仕込から時間が経ったのか残念ながら若干の酸味が口に残ります
wwヘ√レvv~この感じ wwヘ√レvv~─ !!
近所のお店で一昨年の夏場感じたイヤな気持ちがよぎります
今日は悪い方のブレだと良いのですが

ヤサイは注文の都度茹でられるのか
シャッキリした歯ごたえ
キャベツとコーンの甘味が感じられこれはいい


で、お待ちかねのスープ
この店はレンゲが無いので丼に口をつけススります
うーん
何かが少し足りない

ジャンルは違うのですが
私の思う最強にパンチの効いた味噌ラーメンは
北海道の「すみれ」ラーメン
それをイメージして来たので何か物足りない
炒め野菜と茹で野菜の違いを差し引いてもパンチが感じられない

今日は残念ながらプロレスのメインイベントの試合が
スモールパッケージホールドで終わったような
やるせない気持ちでお店を後にしました
ちょっと自分でハードル上げすぎたかな?

とぼとぼと自転車を押しながら坂道を登る帰り道
口の周りをなめなめすると
化学調味料の旨みとかすかな舌の痺れが感じられ
化調成分補給
という目的は達したので
まあよしとしようと思いながら今日のレポ終わります




にほんブログ村

楽天市場

・関西二郎系・のスたOSAKA・難波

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 ラーメン荘歴史を刻め!2ロット目!汁なし!
2012/02/14 21:31


予報通り夕方に雨が上がり澄んだ空気を浴びながら
摂生中にもかかわらず
どうしても汁なしを食べたいという衝動を抑えきれない

とめどなく溢れる食欲の赴くままに
「ラーメン荘歴史を刻め」
へと足を運びました

阪急下新庄駅に17:54着
歴史初ファースト奪取なるかと胸を躍らせ店舗へと先を急ぐ
先客は12名
18時ちょうどに券売機と看板に明かりがともり営業開始です

いつものように緑の食券を購入
体調面で今月の汁なしの注文は最後だろうと考え
たまごとチーズも追加
お正月以来の満漢全席でいただきます

透明の洗濯ばさみで3枚の食券を挟み
入店待ちの列に並び直します
雨上がりにもかかわらず
やはり歴史には多くの人が足を運びます 
並び無しで店内にご案内というわけにはいかず
ファーストロット組が食べ終えるまで入店はお預けとなりました
まあ普段なら1時間待ちはざらなので
1ロット分の待ちですんだのはむしろ幸運だったかもしれません

開店後15分ほどすると
ラーメンを食べ終えたファースト組が満足げに出てきます
いよいよ私のご案内
いつものように箸・レンゲ・おしぼり・水を用意し着席

店内を見渡すと27日臨時営業「塩ラーメン」やります
3月より昼営業開始しますとの告知が貼ってありました
夜の満員電車でニンニクの香りを漂わせるのに気を遣ってたんで
これは嬉しいお知らせ

来月からは昼間にホイホイ通っちゃいます
来店前のブログチェックで目にした価格改定の詳細については
この時点ではまだ未告知です
店舗ごとに価格が違うということなので
人気のこちらはおそらく値上げ?
になるんですかねぇ

そんなことを考えながら出来上がりを待っておりました


豚ラーメン汁なし全マシトウガラシ!
別皿のアブラをかけたまごを割り入れいただきます



私は月見派なので
ヤサイの上に割り入れて黄身を割ってから食べるのですが
器にわざわざ入れてたまごをサーブされるので
スキヤキ二郎にして食される方もいらっしゃるんでしょうね 
それはそれでおいしいかも
試された方いかがですか?

最初はあまり混ぜずに麺からいただきます
ブラックペッパー・ トウガラシ・ニンニク・フライドオニオン
箸を入れる場所によって
それぞれ違うスパイスの刺激が口の中に広がります
ひとくちごとに風味が変わり味のバリエーションを楽しみます

ある程度箸をすすめたらまぜまぜ
たまごと溶けたチーズをまとった麺がクリーミー
これまた箸を進める速度が加速します

荘のラーメンは
ニンニクとトウガラシと醤油が奏でる
暴力的なパンチの効いた味
が魅力なのですが
たまごとチーズをまとうとそこに優しさがプラスされます
糖尿病治療中の身の私にとって
カロリー的には優しさなんて微塵もなく
恐らく最凶の組み合わせ
なので月イチに止めておきます



ごちそうさまでした
次は塩ラーメンいただきに訪れようと思います





にほんブログ村

楽天市場

・関西二郎系・ラーメン荘・歴史を刻め・下新庄・汁なし

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 ラーメン荘おもしろい方へ!
2012/02/06 22:29


小雨降る2月上旬
立春も過ぎ今日はあまり寒さを感じない
月曜日ではあるが
「ラーメン荘おもしろい方へ」
が臨時営業をされているという事なのでお邪魔しました

ラーメン荘おもしろい方へ
【住所】
大阪府大東市赤井1-13-1ポップタウン住道一番館 1階
(一番館の西側マクドナルドのある並び) 
【営業時間】
火曜~土曜 18:00~24:00
日曜 11:00~17:00

「歴史を刻め」のような異常な並びは無いので
思い立ったら躊躇無く向かいます
もし待ちが発生しても
店内の後方に長椅子があるので暖かく待つことが出来ます

待ちが少ないといっても味が劣るわけではなく
パンチの効いた荘系列独特のラーメンが食せます

ここのところ歴史に引けをとらない盛り
というか歴史より盛りがいいという噂なので
楽しみにしながら学研都市線で住道駅へ

駅を降り寝屋川沿いに西へ向かい
府道八尾枚方線にぶつかってを北へと足を進めます

ポップタウン住道といえば
若かりし頃JJで
一晩中ボウリングをしたことが思い出されれるのですが
もうそんな元気も無く
近年無茶といえばアブラにまみれたラーメンを食するのみ

歳をとったもんだと思いながら
府道の側道を歩いていると
おなじみの青い看板が見えてくると共に
スメル増田さんのような香りが鼻をくすぐります

私が訪れたときは
ファーストロットで出来上がりを待つ先客が2名
券売機で食券を買う客が2名ということで
悠々とセカンドロットに滑り込みます
店内はそれほどの獣臭はありません


券売機はほかの荘と違い
麺の量豚の量が一目で分かるようなレイアウト
店主の細やかな気遣いが感じられます

いつものように豚ラーメン850円の緑の食券を購入
席に着きます

店内は広々として
厨房がL字状のカウンターの中央に低くレイアウトされており
店主である中西氏のロットワークが
どの席からも観戦する事が出来ます
このライブ感は
おもしろい方へでしか体感する事が出来ません

なので是非足を運んでみてください

ということでコールタイム


「はい全マシトウガラシで」


汁なしばかり食べてたのでスープのあるラーメンは今年初です
噂に違わず盛りが(・∀・)イイ!!

早速スープをヤサイ山にかけ
ニンニクとトウガラシのエキスを抽出します
辛さとアブラとニンニクの香りを纏った麺が美味
程よく残った芯の硬さが印象的です


固形物はほぼ食べ終えた状態
トウガラシとアブラが混ざってラー油地獄のよう

レンゲでサルベージするとまだ豚が一切れ残っていました
その大きさは子供の拳大
体積の80%は脂身でした
荘のラーメンを食する際は
もったいぶらず豚を最初に口に運ぶ

また新たな教訓を得ました

最後の一口に苦しみながらも完食
店主に会釈をし店を後にします

中西氏は「地球規模で考えろ」で
昼の部に麺上げしてるときからの縁なので
アイコンタクトが親しげです

私もブログ始めたので
これからもちょくちょく書かせてもらうかもです

欲を言えば汁なしもメニューに追加お願いします
【追記】3月1日より汁なし開始

ごちそうさまでした


にほんブログ村
楽天市場

・関西二郎系・ラーメン荘・おもしろい方へ・住道

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク


ページ最上部へ