ちらうら!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

管理者用記事編集 幻の中華そば加藤屋 百万遍 にぼ次朗!
2013/05/20 17:54


京都では一乗寺と並んでラーメン屋さんが多いという百万遍界隈
国内最高学府のご近所なので頭のイタイ私には無縁なのですが
「じろう」の単語を聞けばホイホイと行ってしまいます
今日は幻の中華そば加藤屋 百万遍 にぼ次朗にお邪魔します
出町柳の駅から歩いて10分くらい路地裏にあるので
食べログの地図がなければ見つけられなかったと思います

店内は清潔感のある内装
券売機で豚骨にぼ次郎(麺量200g・730円)の食券を購入
時間が許せば連食を視野に入れていたのでノーコール
ちなみに麺量によって一郎、次郎、三郎、四郎、五郎と
メニュー名が変わるみたいです

それではラーメンの出来上がり


もやしと豚、背脂、太麺の組み合わせはいかにもそれっぽいですが
スープが全然違います
店名の通りにぼーっとしています
なかなか鮮烈な煮干風味
以前食べた地球の魚介規模を思い出しました


四角い断面の太麺はこれまた個性的な仕上がりで
パキパキっとした歯ごたえ
シャッキリもやしとよく合います

小麦粉とかんすいの組み合わせで
これほどまでに各店個性が出るのは今更ながら面白いです
私は作る方には全く造詣がないのですが
興味津々です

豚は薄くスライスしたものと
汁ありのラーメンでは珍しいサイコロ状カットの2種類
どちらも赤身で豚の風味が凝縮された美味しいもの

しかし煮干の風味すごいなぁ
と思いながら厨房を見ると

blog_import_528d721510023.jpg
ギョっとするほどの量の煮干がうず高く積まれていました
同じ「じろう」でも漢字が違うと感じも変わる
個性的な一杯ごちそうさまでした

そう言えば大阪の西中島にもお店ができたそうで
今度言ってみたいと思います

幻の中華そば加藤屋 百万遍 にぼ次朗
京都市左京区吉田泉殿町1-90


にほんブログ村


ラーメン ブログランキングへ



楽天市場

・京都・百万遍

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク


ページ最上部へ