ちらうら!

ニンニクマシマシラーメン記事が柱です。関西二郎系ラーメンを狭く深く愛してます
スポンサード リンク

管理者用記事編集 スポンサーサイト
--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天市場



チェック このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃24件目!キムラ君!
2012/10/17 00:00


10月も早くも中盤の日曜日
朝晩は冷え込んできてラーメンが恋しくなる季節
私は暑い夏も汗を流しながら結構食べてましたけどね

そんななか私のホーム
池田屋では
ツイッターフォロワー数100人突破記念として
限定の裏メニューを出されたわけですが
食べられました?

今更ですが裏メニューの名は「味噌豚骨ラーメン」でしたね
私もリツイートしてPC版のブログの右に掲載されてますが
かなりの好評だったらしく味噌のストックが無くなったみたいです

で、裏の裏メニューとしてこの日からキムラ君が最登板
汁なしマニアの私が食べないわけは無いですよね
ということでもの凄い勢いで襲撃させてもらってます
今月に入ってまだ前半なのに、もう5回目の池田屋記事になりますね

お店に行く前に駅前の100円ローソンに立ち寄って
店長への差し入れを購入
実は前回の味噌記事を上げた日のPV数が
私のブログ開設以来の最高記録をたたき出したのです
なので大入袋みたいなものですね

さて、入店して券売機に向かうと
当然キムラ君は裏メニューなので食券は無し
汁なしの食券を買って50円プラスが正解なのですよね
ついでにもう100円プラスで600gコール
少し店内の空気が変わったように感じました

そしてすり鉢登場、お一人様のお客さんが多いのですが
多分皆さん心の中で絶句してるのが分かります
みんな見ますから、私の顔じゃなくすり鉢をね

いまだに注文した私本人もその大きさに絶句してしまいます


ええとコールは
「タマゴアリニンニクマシカラメ」だったかな
こちらのお店はオペレーション風景が全く見えないので
コールタイムが唐突でいつもヒヨるんです


いつもの距離感で撮影するとすり鉢の全景が撮れません


ものすごく引いて撮ってるのですよ

混ぜ麺系は大きな器でいただくと食べやすいですね
混ぜ混ぜしてラー油とタレをモッチモチの太麺に絡めます
うーん辛くて美味い!


アップの写真を撮り忘れたのでさっきの画像を再活用
この画像でも分かりますかね
豚がね今日は大当たり
フワッフワ、ジューシー、とろっとろ
寸胴からあげたてだとこういう当たり豚がいただけるみたいですね
私が食べ終える頃
二人連れのお客さんが小豚ラーメンを注文されてましたが
今日は豚増しで正解だったでしょうね

仕込みや営業中はつぶやけないとは思いますが
今日の豚指数なんてのをツイッターで公開
なんて事は出来ないですよねぇ
まぁブレを楽しみましょう
毎回毎回全てが安定していたら
同じ店の記事を24回も書けないし読まれないですからね


13分54秒
過去2回の汁なしよりかは遅いですね
久しぶりのキムラ君と大当たり豚を味わいました
今日もごちそうさまです

池田屋
京都市左京区高野玉岡町33-9

最寄り駅 叡山電車一乗寺駅
もしくは京都駅より京都バス大原行き乗車のうえ高野玉岡町下車

営業時間 11:30~14:00 18:00~24:00
定休日 木曜日
http://ameblo.jp/ikedaya-kyoto/
http://twitter.com/hakosukaaa

10月16日夜より味噌豚骨再開です
と言うことはキムラ君のほうがレアだったかも


にほんブログ村



楽天市場

スポンサーサイト
・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺・汁なし・限定メニュー・キムラ君

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃11件目!キムラ君!
2012/07/23 00:00


じっとりとまとわり付くような湿度の高い前日とはうって変わり
今日はカラッと晴れわたる爽やかな京の都です
大原行きのバスに揺られてやってきたのは一乗寺
またもや池田屋にお邪魔です

いつものように赤い食券(汁なし800円)
を買いカウンターに置くと
店長が「あ、今日はニラありますよ」と言うことで
50円をプラスしてキムラ君をいただきます

この時店内には私を入れて7名
少し店長忙しそうで
いつものようにまったりトークタイムとはいきません
夏場は暇だとおっしゃってましたが
なかなかの客入りじゃないですか

コールタイムは「ニンニクタマゴ有り」
マシはしてません


豚で向こうが見えませんw



もう何度と無く同じメニューを食べてますが
今日はとにかく麺が美味い!
汁なしなので柔らかめに茹でられているのですが
コシはしっかり残っており
モチモチとした食感が病みつきになります

他のお店の麺だと
モッチャリフニャフニャと腰砕けになっちゃうのですが
こちらのお店の麺は一本筋の通った硬派な奴です
一度麺増しに挑戦しようかと思います
多分400g止まりでいっぱいいっぱいで
すり鉢で食べるなんて夢のまた夢ですが

そういえば隣に座られた方は中豚(麺400g)を
光速完食されて涼しい顔で出ていかれました
見習わなければなりませんね
私も先に出されたはずのプチ(麺180g)を食べてた
二人をごぼう抜きにして完食しましたけどね



ブログを書き始めて半年になるのですが
池田屋だけで11回ですか
ラーメン荘を合わせると何杯二郎系を食べてるんだろう
よく飽きずに食べてるなと我ながら感心です



にほんブログ村


楽天市場

・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺・限定メニュー・汁なし・キムラ君

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃8件目!キムラ君!
2012/06/19 00:00


6月18日月曜日
この日も梅雨時にかかわらず雨が降らず
そろそろ晴れ男を自認して良いかと思う私です

ここ最近休みの日には必ずラーメンを食べてますが
今日向かった先はここ


もうすっかりおなじみの京都一乗寺の「池田屋」です

13時を過ぎた頃に入店、席は8分の入り
券売機を見ると


あちゃー汁なし売切れか
仕方がないので小豚ラーメン(900円)の食券を購入
だめもとで店長に「汁なしは?」と聞くと「出来る」との事で
100円を返金してもらい注文を変更します

何か今日は開店時からお客さんが途切れず
てんてこ舞いらしく
麺を茹でている間にも奥に入って製麺をしています
月曜は他のラーメン屋が休みのところが多く
ある程度は忙しいみたいなのですが
予測を上回る来店数で
「今日夜って何かイベントありましたっけ?」と聞かれ
「えーと、なでしこJAPANの試合?」と言うと
「それだ!」と言うことで
因果関係ははっきりしませんが
サッカー中継のある日は昼忙しく夜は暇暇みたいです
今夜の入りははたしてどうだったんでしょうね

麺が茹で上がった頃に
「そういえばキムラ君もいけますけどどうです?」
と聞かれたので再度メニュー変更今度は50円追加で払います
「ニンニク入れますか?」はもちろん
「有り」ですね


2ヵ月ぶりキムラ君との再会です


ちょっとピンボケで申し訳ない
でもこの写真でも麺のゴワゴワ感は伝わるでしょ
ここの魅力は何と言ってもこの太麺
ワシワシといただきます

今日の豚は塩味きつめのホロホロ豚
ヤサイと一緒に食べればちょうど良い感じ

でもこのメニューのキモはやっぱりニラキムチとラー油ですね
食べている間も香りが鼻をくすぐりますし
食べた後も余韻が口の中に残ります


いやぁおいしかったです
ごちそうさまでした

限定のアイデアもいくつか構想があるらしく
今度はどんなラーメンをいただけるのか楽しみにしています
と書いてるそばから予告が出ましたねぇ
何かが起こるみたいです
http://ameblo.jp/ikedaya-kyoto/entry-11280741355.html(リンク切れ)


にほんブログ村


楽天市場

・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺・限定メニュー・汁なし・キムラ君

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃5件目!キムラ君!
2012/04/18 22:07


日中の陽射しは初夏を思わせるも夕方の風はまだまだ冷たく
服装のチョイスと体調管理に気を使うこの頃
今日はもうすっかりおなじみの池田屋にお邪魔しました

職場のある京都駅から一乗寺界隈まで
どう行けばいいのかまずは調査
大原行きのバスに乗り
高野玉岡町のバス停で降りるのがベストかという答えに至り
退社後足早に烏丸口のバス乗り場に向かいます

京都のバスに乗るのは初めてだなと思いながら
観光気分で車窓を眺め約40分
目的地のバス停に到着
お店へと足を進めます


いつもとは逆方向からのアプローチ
これまた新鮮な気分です
19:10頃お店に到着
先客は無し
店長と私のサシでしばらく時間を過ごします

食券は前回と同様
赤色に金帯のキムラ君(850円)



長めの茹で時間の間は店長とのトークタイムです
先日のブログで誤った情報を流したことをお詫びし



店長のブログについていろいろとお話させていただきました

こちらの店長はたった一人でお店の仕込みや調理
接客や後片付けまで全てこなされているので
仕事が終わってから一息ついた頃
余裕があればやっとブログを更新されるとのことで
書くことはたくさんあるらしいのですが
時間的に更新する余裕が無いということです

なうとかツイッターは?と聞いたら
それだと余計頻繁につぶやかなきゃいけないじゃん
ということでなかなか難しいみたいです

頑張れ店長
そこらへんの学生に賄いを食べさせれば
ボランティアで手伝ってくれそうですが
いかがなものでしょう

今はどうかわからないけど
近所の「夢を語れ」ではお掃除クラブなるものがあって
賄いラーメンひとつでお店の後片付けを手伝ってもらう
というスタッフ予備軍がいたように記憶してます

さて本題のキムラ君です




今日も豚がでかいですね
大迫力です
味は長時間漬け込んだのかタレの味が濃かったです
いわゆるシーチキン豚
というやつですか


麺も相変わらず太いです
ここ数日は普通のラーメンを食べていたので
なおさら太く感じ
やっぱり二郎系はラーメンじゃなく
二郎系という食べ物なんだと実感いたしました

ズルズルといただき完食
しゃべってたらご馳走様の一枚を撮るのを忘れてた

明日は池田屋の定休日
店長明日はゆっくり休まれて
またパワフルなラーメンを食べさせて下さい


にほんブログ村


楽天市場

・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺・限定メニュー・汁なし・キムラ君

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

管理者用記事編集 池田屋京都一乗寺店!襲撃4件目!キムラ君!
2012/04/01 15:44


暖かい春の日差しが降り注ぐもまだ風は冷たく
服装のチョイスに気を使うエイプリルフールのこの日

まだこのブログを始める前に一度だけ食べる事が出来
再度食べれることを強く熱望していた限定ラーメン
「キムラ君」がこの度復帰するとの告知を得て
京都一乗寺「池田屋」にお邪魔しました

店長より直々のお知らせがあり
この日が来るのを心待ちにしていたのですが
お店のブログには昼と夜の部それぞれ10食のみの
限定メニューと書かれています
このメニューは作るのに手間がかかるっておっしゃってたから
これはまぁ仕方が無い

先日の赤壁の時のような行列にハマることの無いよう
早めに家を出発します
到着したのは開店の15分前
先客は3名です

遠方より来たのにありつけないなんて事は回避され一安心
列の最後尾に並びます
開店時刻になり店長がお出迎え
順番に食券(キムラ君850円)を購入し席につきます



開店と同時に入店したのは5名
うち赤に金帯の食券を購入したのは
私を含めて4名
皆さん食ってやるぞというオーラを漂わせた
猛者ばかりのようです
開店早々にてこの限定率の高さ
10食だけなので
今日ありつけなかった方もいたのではないでしょうか

太くカットされた池田屋の麺を
汁なし用の柔らかい硬さまで茹で上げるため
オペレーション時間は10分少々と結構な時間がかかります
私の後に来た方の小豚ダブルを先に出してから
いよいよキムラ君の盛り付けに入ります

先の方から順番に「ニンニクとタマゴ入れますか?」
と、コールタイム
出来栄えを横目で観察します
面白かったのは皆が皆
出来上がりの作品に箸を付ける前に撮影タイム
ピンピロリ~ンやカシャっとシャッター音の大合唱です
やはり猛者ぞろい
今夜にはレビューサイトやブログに
このときの様子がアップされるでしょう

いよいよ私のコールタイム
「ニンニクとタマゴ両方ありで」
やってきましたキムラ君


豚にフォーカスをあててもう一枚


絶対さっきからキムラ君って何?
と思われた方がいらっしゃると思いますが
店長自家製ニラキムチのトッピングと
これまた自家製のラー油で味付けされた
汁なしラーメンの名称です
キムチとー油でキムラ君

それでは麺を引っ張り出していただきます
麺をすするとラー油の香ばしいニオイが
のどから鼻の中に抜けてきます
これはおいしい一品
前回食べた時よりもこの香ばしさが引き立ってるように思います

ニラキムチも単独でちょいとつまんでいただきます
あっさり漬かっていいあんばい
豚はもちろんしっかりと味の付いた一枚豚
このボリュームなら豚増しはしなくても十分です
今日はご覧の通りのへたなうどんより太い超極太麺ですが
しっかりと茹で上げられた成果で
もちっとした食感が印象的でした



撮影枚数は多かったですが隣の方と同時に食べ終わり
ごちそうさまでした

色の赤さを見れば辛いのは伝わってくると思いますが
確かにピリっと辛さが効いてます
でも決して激辛ではないので
極端に辛いのが苦手でない方であれば
おいしくいただけると思います

また見た目に反して
豚の背油はあまり使ってらっしゃらないということで
私基準ですがあっさりいただく事ができました
いかにもごつい男が好みそうなイメージの二郎系ラーメンですが
これなら女性の方にもおススメです

店長のブログの告知を読むと本日のみの限定かと
勘違いするような表現ですが
少なくとも4月中は続けられるみたいです
限定10食ということですが
開店時間にお店に行けば食べる事が出来そうなので
またまたいただく機会がありそうです

「池田屋」
【住所】京都府京都市左京区高野玉岡町33-9
【最寄り駅】叡山電鉄一乗寺駅
【営業時間】11:30~14:00 18:00~24:00
(日祝は22:00まで)日祝も24:00まで
【定休日】木曜日


楽天市場

・関西二郎系・池田屋・京都・一乗寺・限定メニュー・汁なし・キムラ君

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク


ページ最上部へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。